Rental car

沖縄レンタカーを運転する時の注意点

沖縄は公共の交通機関があまり発達していません。ですから、沖縄を訪れる観光客のほとんどの方が、レンタカーで島内を廻る事になると思います。しかし、沖縄の道路事情は本土と大きく異なるところがあります。その一つが、雨天時の滑りやすさです。もちろん、全国どの道路も雨天時に滑りやすくなる事は言うまでもありません。しかし沖縄の道路の雨天の際の滑りやすさは、本土のそれをはるかに上回ります。それには理由があります。沖縄の舗装道路には、コーラルリーフロック(隆起珊瑚礁石灰岩)が多く使われています。このコーラルリーフロックは、柔らかく削りやすくきれいに磨ける材質で、車が走る度にタイヤで表面が磨かれツルツルになっていきます。通常のアスファルトに使われる硬質砂岩が、沖縄の国道ではわずか30%に過ぎません。残り70%はコーラルリーフロックです。その比率が市町村道ではコーラルリーフロックがほぼ100%を占めます。このような訳で、沖縄の道路は雨が降るともの凄く滑るのです。さらに、沖縄で最も事故率が高いのは、旅行者であるとのデータもあります。沖縄をレンタカーでドライブする際、あいにく雨天となってしまった場合は、是非最新の注意払って運転して下さい。